ミヤベイワナ釣行〜解禁日は爆釣するのか!?〜

6月頭、北海道然別湖でミヤベイワナの釣りが解禁する。北海道には計6年住んでいたけれど、ミヤベイワナは行こう行こうと思ってそのままにしていたので、嫁の休みと合わせて行ってみることに!

 

このミヤベイワナという魚は天然記念物に指定されており、一年で50日しか釣りを許されていない魚でもあるんです。しかも、然別湖で1日に釣りできる人数は50人までで、調査目的での釣りとなるため釣った魚の大きさや雌雄、魚の状態などを詳細に記録する必要もあります。

 

今回はそのとても貴重なミヤベイワナ釣りの解禁日に突撃!爆釣を願って行ってきました。

 

釣り方は3パターンあって、ひとつは岸にボートを係留して狙う方法。また、岸のやや沖にボートを止めて、岸に向かってルアーをキャストする方法。さらに、手漕ぎでボートを漕ぎながら、後ろにルアーを垂らしトローリングで狙う方法。

 

ルアーは基本はスプーンになります。必ずバーブレスね。重さは8~13gくらいがあればいいかなと思います。

前日タックルベリーにてこんな感じに揃えてみました。

時間になり、いよいよ出航です!

手漕ぎ久々。

 

いざ、実釣!

とりあえず、岬のように地形が出っ張っているポイントで釣ってみる。然別湖、小さいようで結構広くて地形の変化に飛んでいるので、どこで釣るか迷うね。

 

早速ヒット!

釣れてきたのはニジマス。そんなに大きくないけど、いい引きでした!

続いて、サクラマスもヒット!

朝一はサクラマスとニジマスが釣れまくる!が、お目当てのミヤベイワナはかからない。。

 

…と嫁がルアーを回収しようとした時、下からやけにカラフルな魚が….ミヤベイワナだ!!

一発でミヤベイワナとわかるヒレの長さと体色。早く釣りたい。

 

….そして遂に。

ミヤベイワナゲット!ヒレが長い!

元気に帰って行きました。

その後はミヤベイワナのポイントに入ったのか、ミヤベイワナばっかりかかる。笑

今回最大サイズのミヤベイワナ。痩せてはいるが、色がすごいっ!

 

その後もミヤベイワナとニジマスやサクラマスが9:1くらい?の割合でどんどん釣れました。

 

ミヤベイワナにはブルーバック・グリーンバック・ブラウンバックの3タイプがいるとされているけど、今回は無事3タイプ拝むことができました!ただ、実際にはブルーとグリーンの合いの子みたいな個体も結構いて、明確な線引きは難しいなと感じました。

 

これが、ブルーバックかな?ちょっと緑がかっているので合いの子系かも。

で、これがグリーンバック。上の写真と比べると色合いは違うね。

最後はブラウンバック。かなり落ち着いた雰囲気があります。渋いね!

 

終了間際にはこんな大物もw エゾウグイです。

 

トローリングも岸釣りも全部やってみたけど、さすが解禁日だけあってかなりの数が釣れました。

 

またいつか来たいなぁ。あ、そういえば、村田基さんが撮影してましたよ!

 

夜は居酒屋で祝勝会?

帯広の豚丼食べたりもしました。

 

ピョウタンの滝にも再訪。昔この滝上で友人と釣りして、友人が流されそうになったのも懐かしい….。苦笑

 

ということで、また一種ミヤベイワナ制覇です!